スポンサードリンク




キャッシングの金利

キャッシングの金利は利息制限法で、借入金額別に利息上限が定められています。10万円未満が年利20%、10万円以上から100万円未満が年利18%、100万円以上が年利15%です。

キャッシングの金利の実態がどうなっているかと言えば、利息制限法があるにもかかわらず、年利20%を超えるものがほとんどです。

それはキャッシングの利率が、利息制限法の上限である「100万円以上で年利15%」が適用されているのではなく、出資法(上限年利29.2%)に沿った「みなし弁済規定」というものが適用されているため。業者はこの規定を盾に利息制限法を超える年利を設定しています。

金利を考えれば、すこしでも低い方がいいのはあたりまえです。キャッシングするのは急にお金が必要なときだとは思いますが、その際はいろいろなキャッシング業者の金利を比較して、少しでも金利の低い業者からキャッシングしましょう。

ただここで注意点が一つあります。借入金額が多くなれば、支払う利息の額も大きくなるので、利率は低くなります。利率が低くなるからといって不必要に大きな額を借りないように注意しましょう。

ガリバー中古車無料査定
レーシック 比較
キャッシングローンとは
消費者金融とは
銀行系と消費者金融系の違い
キャッシング審査のいろいろ
キャッシングの金利
即日キャッシング
まとめローンとは
ブラックリストって?
自己破産とは?
債務整理について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。