スポンサードリンク




キャッシングローンとは

キャッシングローンは、ここ数年で利用者が爆発的に増えました。

 生活に密着したカードや宣伝合戦などで、社会現象にまで発展しています。

 スーパーやコンビニ、交通機関で便利なカード類は、キャッシング機能がついていることが多く、全国のATMで操作すれば簡単にお金を借りることができます。

 

 キャッシング、キャッシュカードという言葉やものがあまりにも身近になったため、一昔前まではサラ金、などと呼ばれていた暗いイメージが一掃され、なんだかちょっとお金が足りなければすぐ使えばいいような気がしてきますね。

 

 キャッシングローンでお金を借りると、利子はどれくらいつくのでしょうか。

 

 TVや雑誌で有名な消費者金融では、年間20%を超える利子がかかることがあります。

 100万のお金を借りると、1年後には120万返すことになります。

 2006年には、キャッシングでの利子の高さが議論され、金利を引き下げる動きが出ています。

 

 キャッシングローンの返済は、月々ムリのない金額の返済で済むといううたい文句で、返済額から少しずつ利子を引いていく方法をとります。幸か不幸か、利用者は全体の利子をあまり意識することはないようです。

 ご利用は計画的に、などと言われますが、自分の収入に見合った計画的な支出をまず考えてみたいですね。

銀行系と消費者金融系の違い

キャッシングを考える場合、銀行系と消費者金融系ではどう違うのでしょうか。

 

 銀行系のキャッシングの場合、まず利子が段違いに安いです。

 目的のあるキャッシング、つまり学費や事業、不動産購入などの場合は、数パーセント程度で、消費税の上乗せのような感覚です。

 とはいっても、数千万のキャッシングをすれば、それなりの利子にはなります。

 

 長い間会社員をしていて、貯金が数百万あり、結婚して家を購入するため貯金を下ろそうとすると、銀行員から借り入れを勧められることも多いようです。

 キャッシングする側からしても、自由に使えるお金は手元に残り、ムリのない低金利で月々少しを返済できるなら、借り入れを選択することは魅力的です。

 銀行系でキャッシングができる場合は、それなりの信用に値する仕事、預金などの取引履歴が問われます。

 

 消費者金融系からのキャッシングは、銀行とはかなり異なります。

 銀行系との大きな違いは、利子の高さです。10パーセントや20パーセント以上はかかるのが一般的です。

 消費者金融からのキャッシングは、審査が厳しくて保証人が必要なほど利子が安いものになります。

 簡単審査、保証人不要と言い出すほど、その信用の足らない部分が利子に回ってくるようです。

キャッシング審査のいろいろ

キャッシング審査では、本人の顔と証明書、住所などの個人情報はもちろん、支払い能力があるか、保証人についても調べます。

 

 テレビなどで有名な消費者金融で、無人審査機などという言葉をききますが、実のところは機械を通して人力で確認しています。

 キャッシング審査は、大きな駅のほとんどでは消費者金融の各社がずらりと顔を並べているのを見ることができます。無人、有人のオフィスなどさまざまです。

 無人の機械を置いておけば営業できるのですから、人件費も安くつきそうですね。

 

 キャッシング審査では、冒頭にあげた条件以外に、その人の借金歴を調べます。

 クレジットカードの利用歴がそれなりにあり、きちんと支払いをしていればまずは条件クリアです。

 1度でも滞納を起こしていると、借りれる限度額に影響が出たり、頻度によっては業界のブラックリストに載せられて、まともな消費者金融ではお金を借りられなくなります。

 

 まともな消費者金融で借りられず、ヤミ金融に走った場合も、その履歴が残ります。

 

 気軽な気持ちで持ったキャッシュカード、使用歴は7年間保存され、銀行など金融関係にお世話になるときは情報が参照されます。

 キャッシング審査で情報を参照した、という履歴すら残ってしまうので、断られたからといってむやみやたらと渡り歩くことも考えものです。

 

 キャッシングの利用は、自分の信用の履歴書と考え、きちんとしていきたいですね。

キャッシングの金利

キャッシングの金利は利息制限法で、借入金額別に利息上限が定められています。10万円未満が年利20%、10万円以上から100万円未満が年利18%、100万円以上が年利15%です。

キャッシングの金利の実態がどうなっているかと言えば、利息制限法があるにもかかわらず、年利20%を超えるものがほとんどです。

それはキャッシングの利率が、利息制限法の上限である「100万円以上で年利15%」が適用されているのではなく、出資法(上限年利29.2%)に沿った「みなし弁済規定」というものが適用されているため。業者はこの規定を盾に利息制限法を超える年利を設定しています。

金利を考えれば、すこしでも低い方がいいのはあたりまえです。キャッシングするのは急にお金が必要なときだとは思いますが、その際はいろいろなキャッシング業者の金利を比較して、少しでも金利の低い業者からキャッシングしましょう。

ただここで注意点が一つあります。借入金額が多くなれば、支払う利息の額も大きくなるので、利率は低くなります。利率が低くなるからといって不必要に大きな額を借りないように注意しましょう。

ガリバー中古車無料査定
レーシック 比較

即日キャッシング

即日キャッシングは、急な用事でどうしてもお金が必要な場合に、手軽で申込みができてすぐに融資してもらえる、とても便利なものです。

即日キャッシングは、審査も簡単で、振り込まれるまでの時間も短いというのが「売り」ですが、実際にインターネットでみてみると、審査時間は「5秒で可能」と宣伝している所もあるようですし、振り込みまでの時間は「最短で30分」と宣伝している所もあります。

ただし、実質年率は高いので返済時期をよく検討してから、消費者金融の利用を決めるようにしたいものです。

短期の借り入れの場合はとても役立ちますが、長期の場合は金利が高すぎるので返済が負担になり、下手をすると破産の憂き目にあうかもしれません。自分の経済力をよくよく検討した上で、返済計画を立てるようにしましょう。

即日キャッシングは確かに便利ですが、そのメリットとデメリットをよく把握しておきましょう。

青汁 比較
ウォーターサーバー 比較
セラムデュー

債務整理について

債務整理とは消費者金融業者・キャッシング業者からの借り入れによる多重債務を合法的に解決する方法のことです。

債務整理にはいくつかの方法があります。

・任意整理(裁判所を介さずに、消費者金融業者・キャッシング業者との私的な交渉により、債務の額を確定し弁済方法について和解する方法)

・特定調停(簡易裁判所の調停委員が間に入って、消費者金融業者・キャッシング業者と借金額や支払方法の変更について話し合う方法)

・個人再生手続(民事再生法による再生手続)

・自己破産(法律の力を借りて、あなたの持っている財産のうち最低限のものを除いたすべてのものを消費者金融業者・キャッシング業者に分配することで、借金を帳消しにする方法)

「債務整理にはどの方法が良いのか」については、それぞれの債務状況によって異なってくるので、債務整理をする場合は自分でインターネットなどでよく調べるか、弁護士・司法書士のような専門家、専門機関などに相談するとよいでしょう。

自己破産とは?

自己破産は、返せない借金で苦しんでいる人を救済し、再び立ち直るチャンスを与えるために国が設けた制度です。

 自己破産に関しては、間違ったイメージを持つ人も少なくありません。「家族に迷惑をかける」と考えて自己破産に踏み切れず、結局家族を道連れに一家心中……なんて事例も後を絶ちませんが、自己破産は決してそのようなものではありません。

 自己破産においては、「免責」さえ受けてしまえば、借金の返済から解放されます。自己破産後、特に何か支障があるとすれば、7年程度の間ローンやクレジットの利用ができなくなるということくらいです。戸籍に載ることもありませんし、その後の就職に不利になることもありません。

 自己破産は、自分でも手続きできますし、法律事務所に相談するという手もあります。凄まじい借金の取立てに夜逃げや自殺を考えている方は、ぜひ自己破産を考えていただきたいと思います。

ブラックリストって?

キャッシングは便利なサービスですが、注意しないと危険です。気軽にお金が借りられるがゆえに、つい次々といろいろな消費者金融業者からキャッシングしてしまうという例も多々ありますが、それで返済が滞ってしまったらどうなるでしょう。

消費者金融業者は、お客さんの借入情報を「個人信用情報機関」で共有しています。「1社や2社で返済が滞っても、別の消費者金融業者が貸してくれるだろう」と安易に考えてはいけません。個人信用情報機関に返済遅延情報が記録され、いずれどこの消費者金融業者も貸してくれなくなります。

この返済遅延情報が記録された状態を「ブラックリストに載る」と言います。

ではブラックリストに載ってしまった場合は、どうすればいいのでしょう。むろんお金を返済することは当たり前ですが、それだけではダメです。最低1年から 5年間は個人信用情報機関に参考情報として残るといわれているので、ブラックリストから脱出するには、完済してさらに1年から5年待たねばなりません。

ここで消費者金融だけでなく「ヤミ金融」にまで手を出せば、自己破産が待っています。自己破産すると7年から10年はキャッシングはできません。

ブラックリストに載らないように、消費者金融業者からキャッシングしたお金は計画的に返済しましょう。

まとめローンとは

まとめローンとは何でしょうか。

 まとめローンとは、キャッシングなどで複数社にまたがる借金を、別の1箇所で借りたお金で一括返済し、返済のためのローンを組みなおすことです。

 

 キャッシングで複数の会社から借金をしてしまうと、借金の残りや、返済の状況が分かりにくくなります。

 まとめローンにすることで、返済先を1つにでき、それまでの複数社への返済より安い利子にすることや、月々の返済額を調整することもできるようになります。

 まとめローンを考える場合、借りかえた後の利子や、自分の状況にあったローンを提供してくれる会社かどうかをよく調べましょう。

 

 複数の会社から借金を重ねている場合、審査に通りにくかったり、限度額が少なくて全てを借りかえられないなど多くの問題が予想されます。

 

 まとめローンは、審査条件や本人の状況により、あるところはダメでも、他の会社なら融資が受けられるようなことがあります。

 むやみに申し込むと、申し込んだ履歴が個人情報として残り、審査に不利になるので注意しましょう。
キャッシングローンとは
消費者金融とは
銀行系と消費者金融系の違い
キャッシング審査のいろいろ
キャッシングの金利
即日キャッシング
まとめローンとは
ブラックリストって?
自己破産とは?
債務整理について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。